戸澤の週報

2019年09月15日

ノーサイド

台風15号の被害により、千葉県が大きな被害を受けました。

東京にも大きな影響があり、翌日にはほとんどの電車が止まりました。

会社からは池袋駅が良く見えますが、11時までJRは全く動いておらず、いつもの景色とは全く違っていました。

未だに停電が続いている場所もあるということです。

一日も早い復旧が望まれます。

 

ドラマでは、池井戸作品である「ノーサイドゲーム」が終了し、ノーサイドとなりました。

この「ノーサイド」とはラグビーの試合終了を表す意味ですが、試合後は敵味方なく健闘を称えあうという意味です。

海外では使われていない、日本だけの言葉と言うのは知りませんでした。

ドラマの方はやはりハッピーエンドで終わることになりました。(見ていない方すみません。)

考えられる一番良い終わり方で、個人的にはすっきりです。

一人一人の力ももちろん大きいけど、最後の最後にはチームとしての団結だったり、勝ちたいという共通の強い想いが大切だと教えてくれます。

これだけ不透明になってきた世の中でも、適切に人との繋がりがあれば何でもできてしまう気がします。

かっこよくいくことばかりではないし、たとえ頑張ったからと言って必ず結果が出るわけではありません。

それでも一生懸命に頑張っている人を見ると、こちらまで気合が入ってきます。

 

我々の戦いはいつになったらノーサイドなのでしょうか?

ラグビーのように1試合と言う単位がないので分かりずらいです。

考えてみると、自分にとっての敵と言うのは誰なのでしょうか?

もちろん競合他社と言う考えもありますが、一番の敵は自分自身のような気がします。

3日坊主になってしまう自分。楽な方に逃げてしまう自分。なんかのせいにしてしまう自分。

全て分かってはいてもやりがちなことです。

誰かと戦うわけではなく、自分自身との戦いの中でノーサイドを経験してみたいと思います。

そこには戦い終わった後に心の中の自分と話し合いをし、お互いの健闘を称えあうような感じでしょうか?

今日で番組も最終回となりました。

今度のクールではこの作品と同じくらいの面白さがあることを祈っています。


ページの先頭へ