戸澤の週報

2016年06月26日

当たり前を疑う

英国がEUから離脱を選択しました。
残留を訴えてきたキャメロン首相は辞任を表明し、EU加盟国の離脱は初めてとなった。
今回の欧州分裂は世界経済・政治に大きな影響を与えることと思いますが、現状ではその影響がよく分かりません。
何とか残留でと願っておりましたが、叶う事はありませんでした。
折角のここ最近の回復基調に水を差すことになりかねないだけに心配ではありますが、我々1社1社が強くなり備えることが必要だという事でもあります。

これからは益々強い会社を目指さなければいけません。
今回の英国のEU脱退のように、世界の政治が経済の成長に直接つながる形に連携していないことが増えてくることが予想されます。
米国の大統領選挙にしても然りです。
長期的展望を描いて短期間の支持率だけではない本当の政治がやりづらくなっているのだと思います。
それであれば、一企業は自分たちで守っていかなければいけないという事です。
何から着手すれば良いかと言うと、最近気が付いたことは「当たり前を疑え」という事です。
あるところを掃除していると、いつもそこには濡れ拭きの雑巾では取れない汚れがありました。
何回も力を入れてもその汚れは取れないので、いつからかその汚れは取れないものとして私の頭の中にインプットされてしまいました。
しかし、実際には違ったのです。ちょっと工夫してこすってあげれば簡単に汚れが取れたのです。
このこと自体は何てことのないことなのですが、この事実からは勉強になることがあります。
我々の悪い癖はちょっと何かをやってみてうまく行かないと、もうそのことはどうせやってもうまく行かないこと(つまりは解決できない制約条件)と考えてしまいます。
そしてそのような制約条件がある中でのアクションプランは打ち手がどうしても小さくなり、効果も限られたものになってしまいます。
だからこそ逆に、そのできないと言われている当たり前のことを当たり前に考えないことが重要だと思うのです。
どのようにしたらできるのかを一から考えて実行すればほとんどのケースが解決できると思うのです。
本当に強い会社を作るために「当たり前を疑う」事を習慣にしたいと思います。

ページの先頭へ