戸澤の週報

2016年06月05日

コンディショニング

先週は北海道でとても気になる出来事がありました。
山の中でしつけで置き去りして5分ほどして戻ってきたら見つからなかったという事です。
本当に幸いなことに自衛隊の演習施設で見つかったという事で事なきを得ました。
気になってしまい何度も日中ニュースを確認してしまいました。
どうしてここまで気になってしまったのか分かりませんが、本当に良かったです。

最近ではどんな仕事をするかと言う事と同時に、いかに自分の体を良い状態に保ち、自らのパフォーマンスをしっかりと発揮できるかを考えるようになりました。
仕事のやり方やセオリーの学習も必要ですが、何をやろうとしても自分の体の中でどこか一つでも不調があるだけで、簡単に自分が発揮できる半分も力が出せなくなってしまいます。
1日が本当に大切に感じるようになってからは、体調を整えることの大切さにも気がついてきました。
どこで見たかは忘れてしまいましたが、「はたらく人のコンディショニング辞典」と言うタイトルで心身についての良いことが書いてある本があったため気になって購入しました。
(一番気になったのは「二日酔いにならない飲み方」と言う内容ですが)
その中で様々なことが掛かれていますが、「ながら」活動を戒めていました。
スマホを見ながらテレビを見る。仕事でも複数の仕事を同時に取り組むなどです。
これらをマルチタスクと呼びますと、一つのことに集中して取り組むことをシングルタスクと定義します。
私の仕事のやり方はいつからか、シングルタスクを徹底しています。
ひとつ仕事を取り組むと、本当に相当のことが無い限り、終わるまでその仕事をやり続けます。
一瞬聞こえが良いのですが、逆に言えば終わるまでは全く他のことは手に付けないことが多くあります。
ひとつの仕事をやりきるために多くの他の仕事をほっぽり出しているわけですね。
ご迷惑をおかけすることも多々ありますが、取り組みさえできれば仕事はじきに終わることになります。
この本によると、マルチタスクとシングルタスクはシングルタスクの方が結果が良く出たそうです。
ちょっと安心しました。
その他様々な心身に伴うアドバイスがありますが、気になる方は一度本をチェックしてみてください。
実に様々な視点から書かれています。

結局二日酔いにならない飲み方は、「水を飲みながらお酒を飲む」でした。
確かにこの方法だと日本酒でも比較的翌日に残りずらいと思います。
水を頼むの忘れやすいので、ここだけ注意すればあとは交互に飲むだけですので簡単です。
是非お試しください。みんなが頼めば自分も頼みやすいですし、忘れていても思い出せますのでみんなに広めたいです。

ページの先頭へ