戸澤の週報

2014年08月17日

日々の営み

この休みは西伊豆の堂ヶ島に行ってきたり、よみうりランドに行ってきたりと観光の休みでした。
今年のお盆は少し雨模様が多駆ったようです。
それでも観光地は人人人となっていて、少しだけ皆様の財布の紐が緩くなってきたのかなと思えました
8月は増税後のセカンドクォータ真っ最中です。
9月終了後の成長率が気になるところです。

今週の週報は前から書きたかったテーマ「日々の営み」です。
営みとは色々な意味がありますが、ここでは日々の生活をするために必要な仕事や作業、食事の支度などの家事全般を指します。
冒頭に観光の話を書きましたが、観光のように特別な日々のことではなくいつもの日々でのことです。
個人的にこれら日々の営みをしている時の人間の様子を見るのが好きです。
子供を前と後ろのいすに乗せて幼稚園に向かって自転車で走っている母親。
畑仕事に早い時間から出て仕事をしているおじいさん・おばあさん。
仕事に向かうために満員電車で揉みくしゃにされながら出社しているお父さんもそうです。
人が自分と家族の生活を行うために一生懸命に営んでいる姿は美しく感じます。
何も特別な時ではなく、毎日の生活の中にこそ人生を生きていく上での大切な時間があると思えるのです。
そんな背中を見て子供は育っていくのかもしれません。
自分がどこまでできているかはさておいて、誰から見られても恥ずかしくないように一生懸命に毎日を生活することは大切なことだと思います。




ページの先頭へ