戸澤の週報

2011年06月12日

11-06-12

梅雨の湿った天気が続いています。
雨、湿気、節電、クールビズと色々とあり温度調整が非常に難しい時期ですね。
今まではいかにに何も考えずに電気を使っていたかと反省しています。

この日曜日には先週に引き続き青梅の奥多摩の御岳山に登ってきました。
御岳山は先週の「アド街ック天国」にも紹介されていました。
途中まで、バスとケーブルカーで行ける比較的登りやすい山です。
しかしながら、土曜日が雨でしたので全体的に道がぬかるんでいるので少し難度が上がります。
山上には「武蔵御嶽神社」には様々な神々が祭られているのですが、ここまで行くのは簡単です。
しかし、一歩外れたコースは登山道になります。
テレビにも出たせいでしょうか?
かなり多くの若者たちが普段着で登山道に入り込んでいました。
非常に危険なのですが、本人たちはあまり気にしている様子もありません。
自分も昔はそうだったのだろうとちょっと考えてしまいました。
人の事はさておき、仕事でも趣味でも何にしても良く言われる事があります。
「慣れてきた頃が一番危ない」
今日写真スポットがあり、そこで写真を撮ろうとしました。
その時バランスを失い2メートル以上の高さの岩から転落しそうになりました。
過信です。
もうだいぶ慣れてきたし、大丈夫であろうと考えてしまったのだと思います。
なんとかぎりぎりで踏み止まり事無きを得たのですが、あらためて非常に大きな教訓となりました。
ほんの少しの油断が後悔しても後悔しきれない失敗に繋がる可能性がいくらでもあるとはっきりと分かりました。
その事が分かっただけでも今日の大きな収穫です。

それはそうと、山の懐の中にいると仕事の事はほとんど忘れ、無心になる事ができます。
山を歩いていると、結構忙しいので良い事も悪い事も雑念もあまり登場する暇がないのです。
必然的にあまり物を考えずにいる事が多くなります。
気分転換という言葉がまさにジャストフィットします。
あまりの心地よさに、最近は自然の中にいる事が少しだけ日常に感じるようになってきました。
今年は良い趣味を見つける事が出来て非常にうれしい年となりました。

ページの先頭へ