戸澤の週報

2011年05月08日

11-05-08

1年で一番良い季節となりました。
暦の上では「立夏」も過ぎ、新緑からはイキイキとした生命の躍動が強く感じられます。
できる事ならしばらくはこの季節に留まってくれたらと思うこの頃です。

私の尊敬する稲盛さんの言葉に「昨日より一歩だけ前に出る」とあります。
これは今日は昨日よりほんの少しだけでも前に進む。
今日の反省を踏まえ、明日は何か一つの改良・改善を付け加えると言うことです。
そして、何があっても毎日継続することによって、当初想像もしなかった遠くまで進んでいくことができます。
毎日を死ぬほど全力でと言われるとなかなか困難ですが、一歩だけで良いと考えるとできそうな気がします。
この事は新たな正しい考え方を勉強したと言う事でも良いはずです。
カー用品の「イエローハット」の創業者の鍵山秀三郎さんのお考えは生きる上で非常に参考になります。
地球との共生や資源の無駄遣いを特に戒める必要がある現在に、我々はどんな考えで臨めば良いのでしょうか?
一言で言えば「エゴをなくすこと」だと思います。
鍵山さんの言葉の中で、「賞味期限の短い商品から買う」とあります。
皆さんはいかがでしょうか?
私は賞味期限の長い商品を探す事がありました。
家の冷蔵庫の中では間違いなく賞味期限が短いものから使用するはずですよね。
家ではできて外ではできないのはなぜでしょう。
やはり自分が良ければよいという「エゴ」の部分があるからだと思います。
もちろんどうしてもしようがない場合もあるでしょう。
1回で使い切らないものなどは、できるだけ賞味期限が長い物を選ぶ必要があります。
ここら辺は、是非ともメーカーサイドで解決してもらいたいと思います。
みんなで賞味期限の近い物から買う事にしたら、無駄にする(廃棄する)商品が激減するはずです。
スーパーの閉店時間近くに行き、売れ残っているものを購入できれば廃棄される食品は少なくなります。
鍵山さんの著書「人生の作法」の中の「日常生活の作法」の章に書かれていました。
人生は本当に勉強です。
頑張って生きるだけではだめで、どのように頑張って生きるかが問われていると思います。
多くの素晴らしい考え方や、生き方に触れることで自分なりの「人生の作法」を習得していきたいと思いました。
長い道のりだと思いますが・・・・・・。

ページの先頭へ