戸澤の週報

2001年12月01日

01-12-01

ついに今年もあと1ヶ月となりました。1年間色々ありましたが1年間を通して学んだこと、反省したことなどを今月はまとめてみたいと思います。

(1)レスポンスの重要性

半導体の調達における重要な要素の1つにレスポンスがあります。ここで言うレスポンスとはお客様から御問い合わせを頂いた時の回答です。重要なのはそのスピードと確実さです。スピードはいつも気を付けていますが速ければ速いほど良いものです。これができた時にはやはりご注文をいただく事が多かったことをみても重要さがわかります。今後もこのスピードに磨きをかけていきたいと考えております。

残りの確実さも非常に重要な要素だということを学びました。この確実さということには2つのことがあります。1つ目は、私が出張中のような時ですぐに回答できないような状況の時です。例え私がいなくても回答をすぐ出せる仕組み作りを今後は強化していきたいと考えています。2つ目は、基本的にはあってはならないことですが、ご依頼をいただいた事項に関して万が一弊社が回答を出せないケースです。他社の場合、たいていはそのまま回答を返さずにいることが多く見受けられますが、できないことはできることよりも尚一層早くにできない旨をはっきりと伝える必要があることを学びました。そのことが御互いの信頼関係をより一層強くすることにつながると思います。これはなかなか確実に実行するのは困難なことで、私も今年を振り返ってみるととても100%とは言えません。来年以降の大きなテーマと考え努力していきたいと考えております。来週以降もテーマを取り上げ今年1年を振り返ってみたいと思います。

ページの先頭へ