戸澤の週報

2021年12月19日

Day1

東京で初霜が確認できました。

この休みは非常に寒く、本格的な冬の到来が確認できました。

いよいよここから2月の末までは、我慢の時期となります。

 

「Day1」と言う言葉をご存知でしょうか?

Amazon創業者のジェフ・べゾス氏が繰り返し使っていた言葉です。

直訳すると「一日目」。

実際には「毎日がはじまりの日」と言う意味で使っていたようです。

あれだけの強大な企業になってからも、初心の大切さや、一日の価値を忘れないようにしていたのですね。

自分が求める未来は、今日であり、今の積み重ねにでしかたどり着けないのですが、案外忘れてしまいます。

仕事に慣れてきて、ここに自分がいることが当たり前に思ってしまうものです。

今の自分のポジションを獲得するのに、苦労したことも忘れてしまって、今が当たり前に思ってしまいがちです。

誰もが経験する、一日目。

正確な記憶を呼び起こすことは難しいかもしれませんが、苦労した記憶は鮮明にありますね。

あの真っすぐで、一生懸命だった、あの時の気持ちが「Day1」です。

ちょっと何かつらいことがあったり、日々の忙しさの中で、仕事のやりがいを見失ってしまうことは誰にもあります。

そんな時に何に回帰すべきか、と言う答えの一つがこの「Day1」だと言えそうです。

現在の問題は、現在の視点で考えるのでなく、この「Day1」の視点で考えて見ることで、新しい答えが見えてくるかも知れません。

誰の「Day1」であったとしても、その時はまだ、ろくに仕事も出来ず、物も知らない新人時代です。

十分な成果を出すことが難しかった頃だと思います。

しかしながら、例え失敗したとしても、すぐに起き上がり、目の前の問題に全力で取り組んでいたと思います。

ジェフ・べゾス氏が言う通り、「毎日がはじまりの日」と捉えて日々を過ごすかどうかで、大きな差が生まれてくるのでしょう。

頭に叩き込んでおきたいと思います。


ページの先頭へ