戸澤の週報

2021年12月12日

付加価値

お会いする方から最後に「良いお年を」と聞くと一気に年末感が出てきます。

今年も残り3週間です。

 

最近、Amazonが運用するサービスである「audible」を導入しました。

このサービスは、amazonが提供する、リアルは本の販売、電子書籍である「kindle」に

続くサービスです。

簡単に言えば、本を朗読してくれるサービスです。

講演の音源なんかもあります。

どんな場合に役に立つかと言えば、一番は車の運転中だと思います。

今まで、車の運転中にできることと言えば、ラジオを聞くか、音楽を聴くか、良くて英語の教材などを聞くことでした。

このサービスを使えば、今まで活用できなかった時間を、読書の時間として活用することができます。

Kindleはリアルの本よりも安価で提供していましたが、このAudibleは通常の本より高いです。

それでも、今まで活用できなかった時間を有意義な時間に変えられることは、自分にとって大きな付加価値を感じました。

 

もう一つのサービスで興味を引いたのは、北陸新幹線の「新幹線オフィス車両」です。

北陸新幹線の8号車を、ラウンジのように誰でも利用できるようにしました。

そこでは席に座って電話で会話も良し、PCを使ってオンラン会議も良しとなっています。

私はまだ使っていませんが、JRとしては思い切ったサービスを開始したと思います。

今のところ、利用者が少なく、1号車予約が減った分、他の号車が混んでしまっているように感じます。

これからの動向に注目しています。

 

翻って、自分の会社はどうでしょうか?

半導体・電子部品の供給は、単に部品販売とは思っていません。

もはや、水道・ガス・電気のようなインフラの一部だと考える必要があると思います。

少しでも滞ってしまったら、たちまちお客様の物づくりに大きな影響が出ます。

通常通り供給できている時には気が付かないのですが、問題が起こると影響が大きくなりがちです。

Amazonはリアルの本と、電子書籍、音声書籍と本だけでも3つのアプローチを提供しています。

顧客が何に付加価値を感じるかを正確に言い当てることは、意外と難しいものです。

遠いところから、机上で考えることだけでは、本当に必要なサービスは分かりません。

顧客と直接接する「1次情報」を得ることに時間をしっかりと使う必要を感じています。

来年1年の大きなテーマとなってきます。


ページの先頭へ