戸澤の週報

2019年07月28日

感謝の心

一気に夏本番となりました。

予想していたとは言え、かなりの暑さです。

冷えるくらいの涼しさから、うだるような暑さに変わりました。

中間が欲しいのですけど、ないですね。

 

この世の中で、忘れてはいけないけど、忘れやすいものは「感謝の心」です。

そして、忘れなければいけないけど、忘れられないのが「エゴ」ですね。

稲盛さんの最新の著書「心」にも、「感謝」については、かなりのページを割いて記載があります。

人間はなかなか、この感謝について上手にできる人は少ないようです。

この著書では、良い時も悪い時もどちらも感謝することが大切と述べています。

悪い時に感謝するとは、よほど人間ができていない限り、「なぜ自分だけがこんな目に会うのか」と不満を口にすることになります。

また良いことが起きて、これを感謝できるかと言うと、今度はこれを「当たり前」と思っていしまいます。

なぜ悪い時に感謝をする必要があるかと言うと、悪い時にこそ今まで自分がしてきてしまった「業」を落としてくれるという考え方です。

ここで言う「業」とは自分の良くない行動や考え方によって、呼び寄せた結果のようなものですね。

人生順風満帆のまま最後まで行くことなど決してありません。

定期的に良いこともあれば悪いことも必ずあります。

悪いことが起こっている時こそ、この業が消えている時だとして、感謝すべきと言うことです。

 

非常に難しいことを言われています。

それでも少しだけわかる部分もあります。

現在の自分の人生がうまくいっていない時には「感謝の気持ち」を持てているかを確認しなさいと聞いたことがあります。

「感謝の気持ち」からは「謙虚な心」が生まれます。

「謙虚な心」は「足るを知る」ことに繋がります。

 

世の中全ての事象が「有難い」ことを再認識して、「感謝の気持ち」をきちんと持ってこれからもやって行きたいと思います。


ページの先頭へ