戸澤の週報

2019年06月02日

一生懸命に遊ぶ

一年で一番良い気候の5月も終わってしまいました。

今年は既に30度を超える日もありました。

まもなく関東地方も梅雨の季節になります。

経済と一緒でしばらくは辛抱の時期ですね。

梅雨が明けるころには良い状況になっていれば良いのですが? 

 

この休みには、会社のメンバーと山梨まで泊りがけのキャンプに行ってきました。

マイテントと寝袋などを持参の上、参加しました。

いつもは少人数ですが、今回は人数が多く、設備も料理も本格的な楽しい一夜を過ごすことができました。

昼間から日が変わるまでほとんど12時間飲み続けて、翌日はさすがに気分が優れずでしたが、帰りに立ち寄った温泉施設で回復です。

最近はゴルフも良くやっていますが、キャンプとゴルフはある共通点があります。

それは「時間の長さ」です。

食事を共にすることももちろん相互理解を図り、関係性の構築に大きな効果はあります。

しかし、ゴルフにしてもキャンプにしても、最低半日。

泊りがけの場合ですと1日半一緒にいることになります。

ゴルフもキャンプも同じ目的で行動することで、チームとしての結束のようなものも感じられますね。

ゴルフに比べて、キャンプは用意と片付けが大変なのが難ありですが、それもまた良い思い出となります。

簡単で気軽なものは一見よく見えますが、記憶には残りません。

折角同じ時間かけてやるのであれば記憶に残ることをやりたいと最近思うようになってきました。

一つのことを徹底して反復し極めていくことも良いですね。

同時に広い視野で様々なことに挑戦し可能性を広げていくのもまた良いですね。

いずれにしても、同じ時間を使うのであればただ漠然と時間を過ごすのではなく、一生懸命に遊んで、記憶に残る時間を過ごすことができたら素晴らしいですね。


ページの先頭へ