戸澤の週報

2019年01月14日

時代を作っていく経営

非常に天気の良い3連休となりました。

1月らしい寒さの中にも、暖かい日差しが感じられて、心地よい気候です。

当社の海外メンバーから少し呆れられてしまうほど、最近の日本は休みが多くなりました。

年度末に向けて英気を養っていると言う事にしておきましょう。

 

この最近は回り回って松下幸之助さんの著書を読んで、復習をしています。

松下さんを勉強したのは主に創業当初ですので、15年以上前と言う事になります。

優しい語り口の中に、物事の真理が多くちりばめられた著書には当時、大いに感動したものです。

様々な環境変化が従来よりも大きくなり、ここまで先が読みづらくなってくると、私自身の根底にある松下さんに相談したくなり、最近再び目を通していました。

勉強してから15年以上たっているだけあって、改めて読んでみると当時は気が付けなかったことが見えてきます。

今回改めて読んだ本は「経営のコツはここなりと気が付いた価値は100万両」です。

本書の中で経営のコツを得るコツは「素直な心」とあります。

自分だけの意見や考え方にこだわりを持たずに、多くの人の話や意見を素直に耳を傾けて、取り入れてみる。そこに新しい事業が生まれて、より発展していく会社になっていくと言う事です。

ここのくだりは今も良く覚えています。

残念ながら未だに十分にできているとは言い難いのですが、この時もしこの言葉を覚えていなければ、今の当社はなかったとは断言できます。

 

もう一つに本日のタイトルである「時代を作っていく経営をしたい」とあります。

時代についていくだけではなく、時代のその先に行き、自らがマーケットを切り開くことで時代を作ってしまうと言う事です。

この混沌とした時代に、時代についていく事でさえ簡単ではないと言えます。

まして誰もやっていないことに挑戦して、その中で成果を出していく事は、100回やって1回成功するくらいのものかもしれません。

それでも今の日本や世界を広く見て、勝ち残っている会社は必ず1時代を作った者たちです。

この戦いに当社も勝ち抜いて行かなければいけないと再認識しました。

 

今週の水曜日からはインターネプコンがスタートします。

その中で今回は「100台EMS」のサービスを新たにご紹介させて頂きます。

大手EMSメーカーがやりたがらない、100台前後の数量帯に強みを持ったこのEMSサービスは、今回の展示会の目玉です。

調達は当社が担い、製造はパートナーの工場が担います。

このサービスで当社としての1時代を作っていきたいと考えています。

ものづくりにおいての悩みを、インターネプコンンの会場でお聞かせください。

アポイントのご依頼を頂ければ幸いに存じます。私は、1月16日(水)と17日(木)の2日間会場におります。

東ホール 小間番号 E9-36 が当社の場所となります。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

 


ページの先頭へ