戸澤の週報

2018年07月22日

サービス説明会

非常に厳しい暑さが続いています。

体は大分慣れてきていますが、あまりの暑さに体調を壊す人が続出していますね。

しばらくはこのまま続きそうです。覚悟を持って備える必要がありそうです。

 

先週末は当社として初めてお客様と、当社のサプライヤーのお越し頂いてプライベート展示会及びサービス説明会を行いました。

初めての試みではありましたが、多くの方に集まってもらいました。

関係者を含めると総勢100名を超える大きな集まりとなり、盛況のうちに終わることが出来ました。

今回の説明会のテーマは「働き方改革と競争力アップの両立」についてです。

はじめる前は、当社でこのような会を企画してもどこまで皆様が集まってくれるか心配でした。

実際にはこれだけの方に集まってもらったことを考えると、今後は益々、力を入れてサポートさせて頂く必要を強く感じました。

皆様とお話していた感触は、多くの方が自社全体を、もしくは自社の自分が担当している部署を良くしたいと考えています。

長時間労働の生産性を向上させ解決を図りたいと思っています。

実際に生産性を上げるための方法論についても多くのお考えを持っております。

しかし、意外にも身近にいる会社(当社)が生産性向上に大きく繋がるサービスを持っていることをご存じない方は多いかと思います。例えご存じだったとしても、自社社内のリソースを使って、何とかぎりぎりではあるものの、回せている業務を他社へお金を払ってまでお願いすることに本当に意義があるのか?

この問題について、明確に「YES」と言い切れる会社は少数派だと思います。

このマインドの部分は、どうしても文章などで伝えられるものではありません。

お金を払ってまでも、何かを自社からやらないことで「時間創作」を行い、そこで浮いた時間は、その会社の差別化に繋がる、業務にリソースを集中すべきです。

技術的に差別化された、一定以上の品質を持って入る新製品を、同業他社にいかに先立って市場投入できるかで、その会社のイメージや業績が大きく変わってきます。

試作部品表の一括調達や仕入先集約から始まって、最終的には購買代行まで対応させて頂くことができます。

皆様が前向きな仕事にしっかりと集中して取り組めることができるようにサービスのレベルを上げていきたいと考えております。

 

久しぶりに山に行ってきました。

今回で3度目となる、秩父の名山である「両神山」です。

コースタイムはそれほどかかりませんが、高低差が大きく、下山する頃には既に限界近くまで来ていました。

それでも自然を直接感じられる環境の中で、日頃の忙しさから解放されて、少し元気が出てきました。

次回は秋ごろにもう一回行きたいと思います。


ページの先頭へ