戸澤の週報

2018年07月09日

タイ・ベトナム

先週は一週間タイとベトナムのお客様を回ってきました。

当社には香港に現地法人があり、そこからサポートできますが、今まで十分にできておりませんでした。

そこで今回思い切って訪問しさせて頂きました。

タイのバンコク空港で飛行機から降りる時に初めてCAの方が「飛行機の外は非常に暑いのでお気を付けください」と言われました。

降りた瞬間に感じた暑さは今までの経験に無い、強烈な暑さでした。

その後は急にスコールとなり、これまた強烈な雨がしばらく降っていて、車で前に進むのも難しいくらいの降り方でした。

 

タイは人口6700万を超える大きな国で、軍事独裁政権が継続しています。

大変な親日国で、タクシーに乗っていても、ただ日本人であるというだけで感謝されました。

運転手の兄弟かがトヨタに勤めていて、6か月分の賞与が出たと言って喜んでいました。

日本人は工場を立てて雇用を生んでくれるから感謝しているとも言われました。

 

一方でベトナムは人口9200万人を超える社会主義の国です。

インフレが進んでいる関係で通貨がもういくらだか桁が分からないくらいになっています。

通貨はドンです。写真を添付しましたが、小さなスーパーで売っていたチーズです。

16万4000ドンは約800円となります。

こちらも暑さが非常に厳しく、その日は37度となっていました。

ほんの2日いただけですが、初日の夜には大きく体力を奪われており、食欲がなくなり、少し体調不良を感じました。体温を超える暑さに少し恐怖すら感じました。

 

2国とも多くの日本企業が工場で進出しております。

今回の出張で多くの方とお会いわせて頂きました。

まだ赴任間もない方ですと、この気候に適応するのに非常に苦労されています。

皆様、エレクトロニクス製造・設計の最前線で頑張っていらっしゃいます。

入手困難な製品が頻発する昨今も相まって、当社への期待を多く頂きました。

当社としても日本だけではなく、海外の最前線での調達に少しでもお役に立てるのであれば、非常にうれしく思います。

当社の香港現地法人では、この度、X線とマイクロスコープを装備しました。

現地での検査品質向上につながったかと思います。

品質保証専任者も配置して、日本側にも研修をさせて、知識レベルの向上に努めております。

撮った画像は常に日本側と共有し、多面的に判断できる体制も構築しました。

今後ますますアジアの拠点として活躍の場を広げさせて頂きたいと思っております。

タイ・ベトナムだけではなくその他のASEAN加盟諸国も含めて、今後訪問フォローをさせて頂く予定です。

海外のサポートが必要な場合にはお話頂ければすぐに対応させて頂きますので、今後ともよろしくお願いします。


ページの先頭へ