戸澤の週報

2017年06月04日

未来を変える

駆け足のように5月が終わってしまいました。

1年の内の半分近くが終わってしまったかと思うと、これはもううかうかしていられません。

6月をしっかり頑張って良い折り返しにしたいものです。

 

先週は新たに事務所を出しました九州の顧客回りをするための出張に出ておりました。

九州地区に限らずですが、現在は様々な意味で過渡期であると感じました。

九州の我々のお客様にとって、九州電力は大きな顧客でありますが、最近は従来と比較して潤沢な仕事がある感覚ではないようです。

10年以上前は主要な大手メーカーも数社おりましたが、九州地区での生産を大きく縮小した会社も多くあります。

その為各社共通して、過去からの延長線上では成長は困難であり、自力で次の一手を見つけて行かなければ、成長は見込めないという危機感を感じることが出来ました。

そしてそれらの想いは既にIoTと言う形で少しずつ形が生まれてきそうな気がする案件もいくつかあるようです。

たとえ、どんなにつらい状況だったとしても、現状を嘆いたところで状況は何ら変わりません。

むしろ嘆いている時間の分だけ、時間の無駄使いをしていると言っても良いでしょう。

唯一現状を変えることができる方法は「動く」ことだけです。

何が必要か見極めて、そこに向けてとにかく「動く」ことだと思います。

自分が動けば、そこから未来は良い方向へ変わっていきます。

とにかく、自分自身が未来を変えようと本気で思えるかが大切だと思います。

九州の皆様の想いに少しでもお応えできるように、我々もしっかりと考えて動いていきたいと思っております。


ページの先頭へ