戸澤の週報

2017年05月28日

時の流れ

5月の最後の週末が終わりました。

今月も残り3日となりました。

毎日の繁忙の中に何か大切なものを忘れていないか心配になるほど、あっという間に時間が進んでいきます。

そもそも当たり前なのですが、今と言う瞬間は、今になって急につくられたものではなく、過去の自分が作り上げたものです。

自分自身の作品と言っても良いのかもしれません。

まだ、人生の途中なのであれば、まだ未完成品ということになるかと思います。

何にどれだけ時間を費やしていくかを決めているのは、周りの環境であるように見えて、実は自分自身であることは間違いありません。

いつの時もいつも悩むのは、何にどれだけ時間や力を費やすかということです。

本当は、幅広くのことに挑戦し、幅広くの方と交流し、幅広くのことを知りたいと思っています。

でも、間違いなく自分自身は一人しかいません。

漫画のようにコピーロボットは存在していません。

自分自身が何をどのようにやるか決めて行って、未来を創っていく必要があります。

社会人人生で言うと丁度折り返し位の地点にいつの間にかなりました。

無茶なことはできなくなりましたが、今までいろいろな経験を積むことはできました。

到達したい高みに向けて、何が必要かは少しずつ見えてきています。

一歩一歩しか進むことはできないのですが、焦らないで足元を固めつつ、同時に攻めることも休めないで行きたいと思います。

尊敬する森信三先生の残された言葉「人生2度なし」を心に刻み、また明日から1日を過ごしていきたいと思います。

そんなことを考えた、5月最後の週末となりました。


ページの先頭へ