戸澤の週報

2017年03月26日

卒業

3月も終わりに近づいてはいますが、まだまだ寒い週末となりました。

ソメイヨシノもいよいよ開花が始まっており、確実に春は近づいています。

もうひと辛抱で本当の春に出会えるはずです。

この時期は多くの方が卒業を迎えると思います。

幼稚園・保育園か始まって、小学校、中学校や高校、大学、短大、専門学校など卒業の時期です。

卒業の次は、入学や入社など新しい環境に飛び込んでいく事になります。

期待と不安が入り混じっているなんとも言えない気持ちになりますよね。

今となっては学校の卒業は無いのですが、先週で3年間通っていた英語教室の卒業を迎えることが出来ました。

残念ながら完全に話せるようになって卒業するわけではないのですが、3年間やりきったことは一つの区切りとできると思い卒業をすることにしました。

卒業後は今まで以上に取り組みを継続して、3年間通ったことが無駄にならないようにできたらと思います。

その他自分で卒業したことを考えると、7年ほど前にたばこから卒業しました。

幸いこちらは再入学することなく今に至っています。

益々喫煙者に厳しくなっている現状を考えると今となっては良かったと思います。

卒業の次は入学です。

卒業で空いた時間を次は何に当てていくか?

ここが大切なことのはずです。

そして、逆に卒業してはいけないものもあります。

私にとってはこの「週報」かもしれません。

気が付いたら書き始めて16年。

実に多くの皆様に読んで頂いているようで、うれしく思います。

ここまで来たら、できる限りまでやってみたいと思っております。

卒業と入学・入社、出会いと別れのなんとも甘酸っぱい季節となります。

気持ちを新たに新しい年度を挑戦していきたいと思います。


ページの先頭へ