戸澤の週報

2008年12月28日

08-12-28

年の瀬が迫ってまいりました。
今年は、先週で会社納めの所が多かったようですね。
当社は29日(月)まで営業しております。
是非、今年も最後までお付き合いください。

2008年も何とか無事に終えることができました。
これもひとえに我々を支えて頂いている方々のご支援の賜物と深く感謝致します。
2009年はより一層のご期待に添えるよう全社員一丸となって対応させて頂きます。

今年の世相を一言で表すと「激」と言ったところでしょうか?
リーマンブラザーズの破綻から、最高益から赤字へ転落見込みのトヨタ自動車等を筆頭に、本当に信じられない事が、実際に起こっております。
何が起こっても不思議でないこの世の中で、希望を持って生きていく事が難しくなってきています。
こんな時こそ、今だけに捉われずに、少し過去の日本にさかのぼって、昔の経営者たちに教えて頂くのも一つの手です。
過去にも、企業が直面した大きな危機はありました。
関東大震災、太平洋戦争、オイルショック、最近ではバブル崩壊などが上げられます。
その他にも多くの危機がありました。
その度に、我々はその危機を乗り切ってきました。
苦労に苦労を重ね、その上に忍耐と努力を重ねてようやく乗り切ったはずです。
時代時代で状況は少しずつ違うはずですが、苦しい事は共通です。
昔の人にできて、現代人ができなかったら恥ずかしいですよね。
この休みに、この不況時を乗り切るに当たっての戦略を立てて年明けを迎えます。

2008年、皆様には本当にお世話になりました。
来年もまた変わらずのご支援を宜しくお願い致します。

ページの先頭へ