戸澤の週報

2008年12月15日

08-12-15

ついにコート無しではいられなくなりました。
風邪を引いている人も多く見られます。
忘年会のシーズン真っ最中です。
飲みすぎにはくれぐれも注意しなければなりません。

世界景気の急速な悪化に伴い、急激な円高も進んでおります。
当社のような輸入を多く手がけている企業には一時的にはプラスになります。
しかし、肝心なお客様が体力を落としかねない円高はあまりうれしいものではありません。
何事にも適度な塩梅というものがあります。
これを逸脱している状況は必ず何らかの摩擦を生み出します。
今回の経済危機では、まずは非正社員の解雇からスタートしています。
年功序列と終身雇用をキャッチフレーズに、日本企業は成長してきました。
家族主義という名の下に全従業員が厳しさに対して立ち向かっていくのが常道でした。
しかし、現在は違います。
株主を強く意識した経営は、温情よりも合理性を重視せざるを得ません。
賃金の減少よりも解雇から先手を打って対処する事を見ていると、少し寂しくなってしまいます。
ぎりぎりまで粘って、どうしてもだめなら会社が生き抜くための決断も必要でしょう。
しかし、今はそうは言ってられない環境になってしまったという事でしょうか?
SONYの今回の処置はかなり大きな影響を持つ事となるでしょう。
常に不況が来る事を想定して経営を行う事は非常に困難です。
しかし、会社を信じて一生懸命働いている従業員の気持ちを考えると、何かもっと他に手は無かったのかと考えてしまいます。
恐らく、このような考え方では甘いという事なのでしょうが、何か工夫があってしかるべきだったと思います。
これから益々、厳しい現状が様々なところで明らかになってきます。
一人一人のできることを最大化し、時代の流れに決して負けないように立ち向かっていく事が必要です。
こんな時には、もう一度自分の会社の強みを良く考えて、今だからこそできることを一つ一つやっていく事が肝心です。
長いトンネルを抜ける頃には、予想以上の体力をつけていることになるでしょう。
是非、みんなで頑張りましょう。

ページの先頭へ