戸澤の週報

2008年12月01日

08-12-01

12月がやってきます。
銀杏並木には大量の落ち葉が舞い、大変な事になっています。
お掃除する人には堪らないほどの大量な落ち葉です。
明日からはいよいよコートデビューの方が多いと思います。私もそうです。

今読んでいる本によると、人間の免疫力を高めるにはできるだけ過保護にしないほうが良いとの事です。
例えば、冬に寒いからといって厚着をすることによって、本来の人間に備わっている寒さに対する耐性を十分機能させることができず、ふとした何らかの拍子に風邪を引きやすくなってしまうとの事です。
寒いときには寒さにあたる。逆に暑いときには暑さにあたり自然の環境に人間を置く事により、生来備わっている季節に対する耐性を十分に機能させることが重要と言う事です。
非常に納得がいきます。
十分にエアコン設備の整った現代人と、100年前の人との体調に関する調査があったら是非見たいものです。
恐らく、適温に長時間いる現代人のほうが風邪を引きやすいのではないかと思います。
今更エアコンを使わないという事は不可能ですが、本来備わっている人間の能力が退化してしまうのはもったいないですね。
折角この世に生を授かった我々としては、この地球上の大自然の定理を十分に勉強し理解を深めていく事が、健康で活力に満ちた生活を送る最大のポイントでありそうです。
人間だけが自然の摂理に反して生きていく事はできないはずです。
まだまだ勉強しなければいけないことが無限にありそうです。

ガソリンの激戦区である、目白通りではレギュラーが116円を表示していました。
今までの価格は一体なんだったのでしょうか?
今回の金融危機で失われた金融資産は550兆円とも言われています。
バブルに踊りたくなくても踊らなければいけない状況です。
金融市場を否定する事はありませんが、せめて、我々の生活に直撃するところでの、ゲームはやめてもらいたいものです。

ページの先頭へ