戸澤の週報

2008年10月19日

08-10-19

秋も大分深まってきました。
長野・東北方面に出張で行きますと、既に木々が色付いてきています。
秋の深まりを楽しむ事もなかなかできずに、毎日が矢のように過ぎていきます。
本当に、こんなに日が過ぎるのが早くて良いのか心配になるほどです。
風邪は何とか治りましたので、また今週一週間張り切っていきます。

最近の新聞・テレビのニュースは毎日が金融危機です。
当社の創業年である2000年以来、経済状況は様々な変化があり、やっている時はそれなりに厳しい思いもしました。
しかし、現在ほどの不安定さは経験した事がありません。
各社の株価が平気で1日10%以上も下げ、新聞の株式欄は気持ちが悪いほど、各社が年初来安値を記録しています。
真っ黒な株式欄は本当に不気味な様子です。(もちろん、高値の場合は問題ありませんが)
現在は、全く先が読めない不安定な状況にあります。
しかしながら、こういう時こそ周りを気にせずに自分たちのやるべきことを確実に行う事が肝心です。
そもそも、バブル景気というのであれば別ですが、会社経営に特効薬などはありません。
社会の変化に自社の変化が追い抜かれないように、確実にスピードを持って対処していく事です。
今年度は、この景気どおり、あぶくのような高額なスポット案件は極端に減りました。
しかし、昨年よりせっせと蒔いていた種がようやく花が咲き始めています。
どんな苦しい時でも、先を見越して活動を続ける事が大事だと言う事を改めて感じております。
とにかく、目の前の仕事を確実にすることと、少し先を見越して、将来貯金をすること。
両方大事な事ですね。今が重要な時期です。

ページの先頭へ