戸澤の週報

2008年10月05日

08-10-05

食べ物の美味しい季節になりました。
秋刀魚に松茸の土瓶蒸し。個人的な秋の2大好きなものです。
旬のものは本当に美味しいですね。
人工的ではない、自然の美味しさを感じられます。
1年中色々なものが食べられる事も有難いですが、旬のものはやはり良いものです。

CEATECが終わりました。
多くの方に当社のブースにお越し頂く事ができました。心より御礼申し上げます。
5日間の長期に渡る展示会で、多くの方とお話をすることができました。
話の中で、皆様の困っている事を多く伺いました。
改めて、当社として何をすべきかが少しだけですが見えてきました。
部品の調達とは簡単そうに見えて、色々な難しい面があります。
試作部品の調達から始まり、量産の段階の調達、生産中止時の調達までのプロセスがあります。
それらのプロセスの中で調達の仕方は一様ではありません。
納期が優先だったり、価格が重要だったり、発注数量が重要だったり様々な面があります。
どれにも決まったルールは無く、ケースバイケースです。
お客様の話を良く聞き、最良の解決策をご提案する事が当社の役割です。
メールやFAXだけでは、お客様の置かれた本当の状況は見えてきません。
直接お会いしてお話を良く聞くことでしか分からない事があります。
当たり前の事ですが、改めて会って話すことの重要さを感じることが出来ました。
これからの1ヶ月は、会期中お話をさせて頂いた方へご提案をさせて頂く期間です。
十分に考えて、お客様にご納得頂けるご提案をさせて頂きたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

ページの先頭へ