製品リリース

2012年12月03日

Armadillo-810

  • インテリジェントカメラ向け組み込みプラットフォーム
  • ルネサス R-Mobile A1(ARM Cortex-A9)搭載
  • 省電力・小型50mm×50mm
  • 動作温度範囲-20℃~+70℃
  • Linuxプリインストール
  • 顔画像エンジン「FSE」対応
  • H.264、JPEG対応「AVコーデックミドルウェア」搭載
Linux標準搭載

製品の特長

試作から量産まで使える インテリジェントカメラ向け組み込みプラットフォーム

Armadillo-810は、CMOSカメラモジュールとARM Cortex-A9搭載の高性能組み込みCPUボードが一体化した、小型で省電力な組み込みプラットフォームです。
高性能CPUボード搭載だから、単に「撮る」だけでなく、撮影画像から読み取れる情報をリアルタイムに解析・抽出したり情報を合成するなどといった「考える」処理までをカメラ本体側で実行する、いわゆる「インテリジェントカメラ」の量産プラットフォームに最適です。

インテリジェントカメラプラットフォームの説明図

動作温度-20℃~+70℃対応・エコ設計。産業用組み込み機器にも安心

Armadillo-810は、ARMプロセッサ搭載で省電力なエコ設計。使用温度範囲は-20℃~+70℃までをカバー、試作開発から産業用途向け組み込み機器の量産まで、安心して使えるプラットフォームです。

小型・50mm×50mm

CPUボード本体、CMOSカメラモジュールともに、50mm×50mmの小型サイズ。場所を選ばず組み込みやすい、省スペース設計です。

OKI製顔認識エンジン「FSE」対応
FSEイメージ

OKI(沖電気工業株式会社)製の顔認識エンジン「FSE(Face Sensing Engine)」を使用した専用アプリを、試作開発用の「カメラモデル開発セット」にバンドル。顔検出や特徴点抽出など、FSE特有の機能をArmadillo-810でお試しいただけます。(※1)

●FSEの主な機能

  • 顔認識
  • 特徴点抽出
  • 個人識別

(※1)開発セットバンドルのアプリには使用制限があります。また、FSE本体のAPIにはアクセスできません。量産時は別途FSEの量産向けライセンスを購入いただく必要があります。

●たとえばこんな用途に・・・

まばたき検出の例

H.264, JPEG対応~「AVコーデックミドルウェア」搭載

H.264, JPEGなどに対応したミドルウェア「AVコーデックミドルウェア」を本体にプリインストール。
撮影動画をインターネット動画サイトに自動アップする小型のストリーミングカメラのプラットフォームとしても最適です。

AVコーデックミドルウェアの例

ラインアップ

試作開発に~カメラモデル開発セット ※2013年1月発売予定

Armadillo-810本体(CPUボード)、CMOSカメラモジュール(株式会社シキノハイテック製)、拡張ボードを3層にドッキングした「Armadillo-810カメラモデル開発セット」(型番:A8101-D00Z)を2013年1月発売予定です。

Armadillo-810カメラモデル開発セット

同梱品
  • Armadillo-810本体(CPUボード)
  • CMOSカメラモジュール
  • レンズ2種(1種はカメラモジュールに装着済)
  • 拡張ボード
  • ACアダプタ
  • ケーブル類
  • 開発用DVD-ROM

※マニュアル・ドキュメント類・ソースコード等は、開発用DVD-ROMに収録している他、本サイトにも公開予定です(購入者限定でご提供する情報は「ユーザーズサイト」からダウンロードいただけます)。

量産に

量産向けにそのまま組み込んで使えるCPUボード(開発セット同梱の本体と同等品、型番:A8100-U00Z)を提供します。また、CMOSカメラモジュールや拡張ボードなども順次提供する予定です。


詳細仕様

Armadillo-810の仕様は下記PDFファイルをご覧ください。

「Armadillo-810」仕様・ブロック図(PDFファイル)


ページの先頭へ