製品リリース

2010年07月08日

Armadillo-9

300
 ARM920   64MB SDRAM   8MB FLASH 
 100BASE-TX   IDE   USB   CF   12bit  GPIO  VGA  シリアル x2
300

豊富な周辺機能

USB2.0(Full Speed)、コンパクトフラッシュ、ハードディスク、LAN、Video出力と小型ながら豊富な周辺機能を持ちます。またPC/104規格に準拠しているので、さらなる拡張も可能です。

セキュリティ対応・IPv6対応

高性能なARM9プロセッサにより、業界標準であるSSLやIPsecなどの暗号化処理を行うことができます。
また次世代ネットワークの標準通信プロトコルIPv6への対応も可能です。

マルチOSプラットフォーム

IEEE802.11a/b/g標準OSとしてLinux(Kernel2.4系)が搭載されています。Linux以外のOSとしてWindowsCE、NetBSD、ITRONに対応しているため、目的に合わせて最適なOSを選択できます。
※各種OSはパートナー企業、またはオープンソースコミュニティから入手することができます。

Armadillo-200シリーズとソフトウェア互換

Armadillo-9とArmadillo-200シリーズはソフトウェアの互換性があり、共通の開発環境を使用することができます。
高機能なArmadillo-9で開発を行い、製品化を低価格なArmadillo-200シリーズで実現することも可能です。


開発環境

Armadillo-9とのソフトウェア開発のために、ATDEとGNUクロス開発ツール、Atmark Distという3つのツールが用意されています。
Armadilloシリーズ開発環境の詳細情報






--------------------------------------------------------------------------------
マニュアルダウンロード最新版マニュアルは、Armadillo開発者サイトからダウンロードしてください。

ページの先頭へ